錬金術師のローブでスレイプニールの踏み潰しを耐える

実用性はあまりないかもしれませんが、錬金術師のローブによる与ダメージ減少デバフは、他の与ダメージ減少デバフと同時に効果が発動します。

これは、オリビエの咆哮弾と錬金術師のローブの効果を発動したときのものです。
スレイプニールの踏み潰しは、対象が隣接している場合は与ダメージ+50%になるので、ダメージを1にするためには被ダメージを-150%にする必要があります。
スレイプニール戦で使えそうな、ダメージを減らせる効果は下記の通りです。

巫女 -75%
エンチャント 鋼鉄 -10%
アクセ 護身荷 -10%
錬金術師のローブ -20%
ヘイン セイントの絆効果 -10%

被ダメージ減バフ 下記のいずれか
イリス・ジャルダン -20%
防御大応援 -15%
オリビエのタレント -10%

与ダメージ減デバフ 下記のいずれか
咆哮団 -20%
ヤドリギの杖 -20%
恐怖の魔眼 -15%

今回は下記の効果を使用して、被ダメージ-150%にしてみたいと思います。

巫女 -75%
エンチャント 鋼鉄 -10%
アクセ 護身荷 -10%
錬金術師のローブ -20%
防御大応援 -15%
咆哮弾 -20%
合計-150%

この状態で、踏み潰しを食らってみます。

ファーナの防御大応援で被ダメージ-15%をつけています。
※巫女のHPが減っていますが、時計で戻して回復してから戦闘に入っています。

リアナのダメージは攻撃一回に付き1のみになっています。これなら、ターンがいくつ進んでも耐えられます。

試しに、防御大応援ではなく、オリビエのタレントで被ダメージ-10%にして試してみます。この場合は、被ダメージ減の合計は145%になります。

ダメージは、攻撃一回に付き49となりました。序盤はこれでも耐えられますが、この後範囲攻撃も飛んできますし、ターンが進んでくると耐えられなくなってしまいます。

ただ、リアナで被ダメージ-150%を実現するためには、ファーナかエミリアあたりの防御大応援か、イリス・ジャルダンを使わなければいけません。そもそも錬金術師のローブの効果は50%の確率で発動するので、多少運が絡みます。錬金術師のローブが発動しなかった場合は、天空アーチャーを召喚して攻撃を受けさせるか、オリビエのハッピートリガーを使って移動力を上げて射程範囲外に逃げる必要が出てきますね。また、次のターン移動できなくなるので、次のターン範囲攻撃の射程範囲内に1人以下しかいないと通常攻撃が飛んできますが、リアナが確定で残ってしまうため反撃のダメージを稼ぐことができません。

セイントのヘインなら、心の絆の効果と合わせて、オリビエのタレントを使用するだけで、被ダメージ-150%以上を実現できます(実際に試してはいません)。ヘインならテレポートが使えるので、偶数フェーズでも役に立ちますし、踏みつけを食らった後は自らテレポートで逃げることもできます。ただし、有利陣営に属しているので、毎ターン兵士のHPを全快するのがちょっと難しいかもしれません。

錬金術師のローブの効果が他の効果と同時に発動するのはどうやらバグらしく、中国版で最近修正されました。日本版でもそのうち修正が入るでしょう。
なにか有効に活用できないかと考えているのですが、なかなか見つからないものですね。