ダークエルフアーチャーの「HPが100%の敵を攻撃する時」とは

今回はダークエルフアーチャーの特殊効果を検証したいと思います。

ダークエルフアーチャーの特殊能力は、HPが100%の敵を攻撃する時、攻撃力と防御力がLV最大の時で45%UPするというものになります。
まずは、これがちゃんと効果を発揮しているか確認します。

今回検証に使用する部隊はこちら。

リファニーのダークエルフアーチャーは、攻撃力523の英雄補正40%、防御力224の英雄補正10%。LV5なので特殊効果が発動すると攻撃、防御が+27%になります。暗影攻撃はLV10なので、効果が発動すると攻撃、防御が+20%になります。

敵部隊の兵士(精鋭エルフアーチャー)は、攻撃力515+257=772、防御力218+109=327で、特に他に特殊効果もないので、計算時はこのままの数値を使用します。

この状態で、こちらから攻撃をしてみます。

与えたダメージは374、受けたダメージは204となりました。

攻撃のステータス補正を計算します。
(523*ステータス補正*1.4-327)/2=374
ステータス補正=(374*2+327)/1.4/523≒1.468

ステータス補正が約47%ついているので、おそらくダークエルフアーチャーの27%と、暗影攻撃の20%が乗っていると思われます。

次に防御のステータス補正を計算します。
(772-224*ステータス補正*1.1)/2=204
ステータス補正=(204*2-772)/-224/1.1≒1.477

こちらも大体47%乗っているようです。

次に、同じ部隊から攻撃を受けてみます。

与えたダメージは301、受けたダメージは229となりました。

攻撃のステータス補正を計算します。
ステータス補正=(301*2+327)/1.4/523≒1.268

ステータス補正が約27%乗っているので、暗影攻撃は乗っていませんが、ダークエルフアーチャーの特殊効果は乗っているようです。

防御も計算してみます。
ステータス補正=(229*2-772)/-224/1.1≒1.274

こちらも同様に、ステータス補正が約27%乗っているので、暗影攻撃は乗っていませんが、ダークエルフアーチャーの特殊効果は乗っているようです。

 

結論ですが、ダークエルフアーチャーの特殊効果は、攻撃するときだけではなく、攻撃されたときも発動するようです。「HPが100%の部隊と戦闘する時」というのが正しいような気もします。

ただし、ダークエルフアーチャーはHPと防御力が非常に低いので、耐久性に関してはそこまで変化はないような気がします。影響が大きいのは、魔弓持ちのダークエルフアーチャーに対して、飛兵がHP100%の状態で攻撃したときでしょう。
以前飛兵で火弩スナイパーに攻撃して返り討ちにあった動画を紹介しましたが、ダークエルフアーチャーについても警戒は必要そうです。