頂上アリーナS4期間中のアップデート予想(9/9修正 CPが同時開催だったので後続の日程を繰り上げ、レイアウト微調整、頂上アリーナ日程追加)

2020年8月26日

 

 
頂上アリーナS4期間中のアップデートを予想してまとめてみました。

※9/9 修正版(ver2)に置き換えました。
 

 

近日開催のCPガチャ

基本的に中国版の実施順に並べているだけですが、若干日本版の事情を考慮している部分もあります。
CPガチャは中国版では3つ同時開催ですが、日本版は昨年と同様3つ分割開催と予想しています(順番は適当です)。開催期間が2週間の場合、告知されてからではギリギリ間に合わないので、CPガチャピックアップ対象の英雄が交換で欲しい場合は前もって準備が必要です。

9/2追記
初回報酬と合わせると期間内にも50枚集めることはできるので、早めに片方引くことができれば、CPの交換でもう片方の英雄を入手することができます。

時空の行商人(仮)

このままロードスコラボが実施されない場合は、時空の行商人が早ければ10/20に追加されます。
絆の精霊や覚醒素材の心、水晶は、旅団商店で販売されないので、スタミナを使わず手に入れられる数少ないの手段になります。旅団商店のように常に販売されておらず、販売されていても一個しか購入できないため、販売されていたら購入しておいたほうが良いでしょう。
商品購入のための通貨は、不要アイテムとの交換で入手できます。特に、低レア経験値薬は効率が良いので貯めておきましょう。
商人にレベルの概念があり、購入回数によってレベルが上がり、一度に販売される商品の数が増えます。できるだけ上げておいたほうがいいですが、レベル2には20個程度、レベル3には80個程度商品購入が必要で、魔晶石を使わないとなかなか上げられるものではないです。
販売されるアイテムの一覧などは下記のページでまとめているのでそちらも御覧ください。
https://lanmoba.astahope.com/?p=2104

新規英雄の中国版での評判

中国版を見ている限りでは、追加される英雄の中でよく使われているのは、ディードリットとリィンですね。もはや説明不要の人権キャラかと思います。
ただし、リィンについてはローゼンシルの登場によって、範囲アタッカーの評価が激変する可能性があるため、先行版の動向を注意深く見ておいたほうが良いかもしれません。

次点で、リコリス、アリアンロード、ロザリア、樹の賢者あたりになります。
リコリスは、実装時点では地形に特殊効果を付与できる唯一の英雄となります。(もう一人いますが…)地形効果は他の地形効果で上書きするぐらいでしか対処できないので、対応手段が少なく厄介なものとなっています。
樹の賢者も地形効果で高機動キャラに対して移動の阻害する能力があり、高機動キャラが多い昨今の頂上アリーナでは非常に厄介な相手となります。ユニコーン持ちのディードリットやユリア、アレス、ランディウス、ジュグラーなどに影響が大きいですが、おそらくS4には間に合わないので気にしなくても大丈夫でしょう。
あまり良い評判を聞かないアシュラムについてですが、中国版S5でアシュラムを主力にして4強まで勝ち進んだプレイヤーがいるという事実は無視できないと思います。普通に強キャラである可能性も否めません。

また、既存の英雄で評価が上がりそうなのが、イメルダ、ギザロフ、ソフィアになります。
ギザロフは覚醒スキルが幽助やリィンと相性が良いことと、超越陣営が強くなったことにより評価を若干上る感じだと思います。ただ、日本版では同じ超越陣営の超絶強化を持っている樹の賢者がいるのがわかっているうえ、超越陣営が強くなる要因となる閃の軌跡コラボがいつ来るかわからない状況でなので、育てるのはちょっと微妙かもしれません。
イメルダ、ソフィアについては、追加される要素が非常に汎用性、利便性に優れているため、日本でも使うプレイヤーは増えるのではと見ています。

次回の哲学

日本版の次の哲学イベントですが、前回はジュグラーのガチャと哲学のイベントが合わせて開催されたので、今月も合わせてくれるのではないかと期待しています。ジュグラーの場合は中国版より後ろ倒し、レイチェルの場合は大きく前倒しという事情の違いもあるので、望みはかなり薄いかもしれません。