韓国版S3頂上アリーナトーナメント戦(KR S3)の集計(1回戦の編成率 日本版との比較表)

韓国版の頂上アリーナS3の1回戦までの編成率を集計しました。
日本版S3との環境の違いは、ロードスコラボ勢が加わっていることぐらいです。アレス、マイヤは3回戦以降からの登場となります。

  韓国版の集計 日本版との比較
英雄名 編成数 編成率 数増減 率増減
ジュグラー 238 97.54% 24 -1.53%
リアナ 234 95.90% 20 -3.17%
ランディウス 233 95.49% 27 0.12%
ゼルダ 232 95.08% 21 -2.60%
リスティル 231 94.67% 24 -1.16%
浦飯幽助 221 90.57% 139 52.61%
アイリス 211 86.48% 8 -7.51%
ディードリット 208 85.25% 208 85.25%
ウィラー 205 84.02% 53 13.65%
ルナ 191 78.28% 22 0.04%
飛影 186 76.23% 162 65.12%
クラレット 177 72.54% 7 -6.16%
謎の騎士 175 71.72% 54 15.70%
ボーゼル 171 70.08% 24 2.03%
ユリア 161 65.98% 29 4.87%
レイチェル 124 50.82% -25 -18.16%
ティアリス 107 43.85% -67 -36.70%
レオンハルト 66 27.05% -62 -32.21%
エラスタ 65 26.64% -18 -11.79%
アンジェリナ 60 24.59% -40 -21.71%
ヨシュア 44 18.03% -33 -17.62%
エステル 21 8.61% -17 -8.99%
アシュラム 15 6.15% 15 6.15%
オメガ 15 6.15% 4 1.05%
エルウィン 14 5.74% -18 -9.08%
レン 12 4.92% 2 0.29%
ソニア 11 4.51% -15 -7.53%
シェルファニール 11 4.51% -21 -10.31%
ファーナ 10 4.10% -1 -0.99%
ソフィア 10 4.10% -26 -12.57%
ギザロフ 9 3.69% 4 1.37%
真宮寺さくら 8 3.28% -17 -8.30%
オリビエ 7 2.87% -7 -3.61%
レオン 6 2.46% -18 -8.65%
クローゼ 6 2.46% -14 -6.80%
マシュー 6 2.46% 0 -0.32%
ランフォード 5 2.05% -4 -2.12%
エミリア 4 1.64% 0 -0.21%
神崎すみれ 4 1.64% -1 -0.68%
ヴィラージュ 4 1.64% -9 -4.38%
バルガス 4 1.64% 2 0.71%
蔵馬 3 1.23% 0 -0.16%
ディハルト 3 1.23% -3 -1.55%
レインフォルス 3 1.23% -8 -3.86%
ヘイン 3 1.23% 1 0.30%
ベルンハルト 2 0.82% -9 -4.27%
アメルダ 2 0.82% 2 0.82%
転生ジェシカ 2 0.82% -2 -1.03%
ジェシカ 1 0.41% -1 -0.52%
ピエール 1 0.41% 0 -0.05%
シルバーウルフ 1 0.41% -1 -0.52%
戸愚呂兄弟 1 0.41% 0 -0.05%
エマーリンク 1 0.41% 0 -0.05%
アルテミュラー 1 0.41% 0 -0.05%
アンジェリカ 1 0.41% 0 -0.05%
シグマ 1 0.41% -9 -4.22%
フレア 1 0.41% -2 -0.98%
リファニー 1 0.41% -4 -1.90%
ブレンダ 1 0.41% -2 -0.98%
ラムダ 1 0.41% -6 -2.83%
フェラキア 0 0.00% -1 -0.46%
レディン 0 0.00% -3 -1.39%
クリス 0 0.00% -5 -2.31%
シェリー 0 0.00% -7 -3.24%
ラーナ 0 0.00% -3 -1.39%
ベティ 0 0.00% -2 -0.93%
アカヤ 0 0.00% -2 -0.93%
アルフレッド 0 0.00% -2 -0.93%
イメルダ 0 0.00% -2 -0.93%
エグベルト 0 0.00% -1 -0.46%
ナーム 0 0.00% -1 -0.46%
グニル 0 0.00% -1 -0.46%

韓国版の英雄追加はほぼ中国版と同じ順番で行われているようです。
S3の時点で、幽遊白書コラボが実施されてからだいぶ時間が経っているので、日本版と比べるとだいぶ編成率が高めになっています。

ディードリットは追加されて間もないような状態ですが、すでに高い編成率になっていることから実用性の高さが伺えますね。