2021/2の大型アップデートで知っておいたほうが良いかもしれないことなど。来週の旅団合戦はアプデ後に開始するほうが良いかも。新旅団コンテンツの解放条件になるので多少無理しても「Disaster」をクリアしておきたいところ

旅団合戦の掃討機能の解放条件について

まず始めに、旅団合戦の掃討機能を開放するためには、そのレベルの旅団合戦をすべて完全制圧完了した状態で旅団合戦を終えると、次の旅団合戦から掃討機能を使用することができるようになります。
つまり、難易度「Disaster」で掃討機能を使うためには一度「Disaster」で完全制圧する必要があるということですね。
大体の旅団は、旅団戦を月曜に始めていると思いますが、来週月曜日はアプデ前なのでまだ新しい難易度を選択することはできません。難易度「Disaster」を選択する予定の旅団の場合は、月曜に旅団合戦を開いてしまうと、

来週1回目→難易度Hell 掃討不可
来週2回目→難易度Disaster 掃討不可
再来週1回目→難易度Disaster 掃討可能

となってしまい、掃討機能を使えるのが再来週になってしまいます。
アプデ後なら新しい難易度が選択できるはず(実際に確認したわけではないので間違っていたらすみません)なので、下記のように来週2回目の旅団戦から掃討機能が使えるようになるはずです。

来週1回目→アプデ後に難易度Disasterを選択 掃討不可
来週2回目→難易度Disaster 掃討可能

影響は些細なものだと思うので、面倒であればいつも通りやってしまっても全然問題はないと思います。

ただし、後々追加させる旅団コンテンツが、この「Disaster」を完全制圧することがコンテンツ開放の条件となっているので、多少無理してでも最低1回は「Disaster」を完全制圧しておきたいところです。

 

旅団合戦の掃討機能と難易度選択について

掃討機能と言っても、時空の裂け目のように一回ボタンを押したら終了というわけにはいかず、掃討に参加する英雄を選択する必要があります。
必要なのは、英雄のレベルだけで、戦闘力はまったく必要ありません。難易度Disasterならレベルの合計が420必要なので、レベル70の英雄を6人参加させることで掃討可能です。

掃討に参加する英雄を選んで、

掃討ボタンを押せば、一瞬で終わります。参加する英雄の合計レベルが足りない場合は、掃討そのものができません。有利陣営に属していない英雄でも掃討自体はできますが、個人合戦ポイントが減ります。


掃討機能が開放されていれば、レベルさえ足りていればすぐに制圧率を稼ぐことができます。個人合戦ポイントが稼ぎやすくなるので、参加する旅団メンバーが増え、今までより少し上の難易度でも完全制圧の負担はあまり増えないのではないかと思います。

私は使ったことがないのであまり詳しくは知らないのですが、マルチでも掃討ができるようなので、まだレベルの低いプレイヤーを手伝うのも容易になります。マルチの場合は、一人4人まで、合計12人まで参加させられそうなので、レベルが足りていないプレイヤーでも協力すれば掃討機能を活用することができそうです。

いい機会だと思うので、現状で多少残業が発生してしまっている場合でも、難易度少し上げること(上でも触れているように可能であれば難易度「Disaster」)を検討してみることをおすすめします。

 

秘境での連続戦闘システム利用時の注意点

1日20回まで、スタミナが尽きるまで自動で周回することができます。主に、兄貴の周回や、期間限定イベントのポイント稼ぎに使う機会が多いでしょう。使ったことはないですが、マルチでも利用可能らしいです。

1つ注意しておきたいのが、期間限定イベントで、ポイントに応じてアイテムが入手できるタイプの場合、ランダムSSR装備のように何が入手できるかランダムなものの場合、自動周回機能を使用すると何が入手できたのかわからなくなるので注意しておきましょう。

 

SPモデル開放に必要なもう一つの魂の入手方法

SPモデル開放ミッションを開放するために、各英雄の「もう一つの魂」を使用する必要があります。これは、「新たなる希望」というイベントで入手できますが、これは哲学イベントと同じ形式で、引くたびに必要な魔晶石が増えるタイプの福引になっています。
必要な魔晶石は哲学と同じ最大3950です。確率は、中国版では公開されていないので今の所わかりません。
SSR英雄の「もう一つの魂」は、この「新たなる希望」イベントでのみ入手可能ですが、4週ごとに実施されるため、必要でなければ必ず確保しておかなければ行けないものではありません。SSR英雄のSPモデルが追加された場合は、実装済みの「もう一つの魂」から1つ選択する形になるので、今回入手していなくてもまた入手する機会はあります。
入手できる「もう一つの魂」は4週間に1つというところだけ注意しておけば良いでしょう。

SR英雄は期間限定イベントの報酬となっています。来週からのイベントでフレアの「もう一つの魂」が入手可能ですが、これを逃すと後から手に入れられないということはないですが、ちょっと入手難易度が高いです。SSR英雄と違って魔晶石をつぎ込めばいつでも入手できるというわけではないので、忘れずに交換しておきましょう。

 

SPモデル開放ミッション

SPモデル開放ミッションには、特定のステージを特定の英雄を使ってクリアするというものがあり、女神の試練や兄貴などが含まれます。クリアできるときにやっておかないと、数日待つことになるので、できるときにやっておきましょう。

事前にやっておいてもクリア扱いになるのかは不明です。

また、ミッションで挑戦しなければいけない日に、勢い余って一回しか挑戦できない永遠の神殿を掃討してしまわないように注意しましょう。

エルウィンのミッションで、常時開催ではない秘境ステージが絡むものは順番に下記の通り
エルウィンのもう一つの魂が入手可能になるのは2/16なので、最短で下記のスケジュールで開放できます。

2/18 火竜LV60(エルウィン、ヘイン含むパーティ)
2/20 雷竜LV65(エルウィン、ヘイン含むパーティ)
2/20 サムソンLV70(エルウィン単騎)
2/20 スキュラLV70(エルウィン、ヘイン含むパーティ)

フレアのミッションで常時開催ではない秘境ステージが絡むものは順番に下記の通り。
フレアのもう一つの魂が入手可能になるのはおそらく2/12(うろ覚え)なので、最短で下記のスケジュールで開放できます。

2/15 火竜LV60(フレア、ソフィア含むパーティ)
2/15 火竜LV65(フレア、ソフィア含むパーティ)
2/15 ワルキューレLV70(フレア含むパーティ)
フレアはこの他に、時空の裂け目12-5、精鋭12-7が関わってくるので、そこまで進めておいたほうが良いでしょう。

また、他に必要な素材は中国のwikiがわかりやすいです。下記のリンク参照

エルウィン
フレア

「英雄重塑阶段」という項目からずらっと並んでいるのがSP開放ミッションに必要なアイテムです。
特に、精通石が余るということはなかなかないので、意識して貯めておく必要があるでしょう。

 

SPクラス使用時の注意点

SPモデルによって開放されるクラス(長いのでSPクラスと言います)は、通常のクラスルートとは全く別のクラスで、既存のなにかのクラスの上位クラスというわけではありません。別のクラスではあるので、精通はSPクラスで新たに行う必要があります。

SPクラスにクラスチェンジすることで、タレントが変わります。これはSPクラスのみで有効なので、通常のクラスにクラスチェンジすると元のタレントに戻ります。

SPモデルで開放できるスキル、兵士については、開放した後なら元のクラスでも使用可能です。

また、SPクラスでは顔アイコンが変更になり、頂上アリーナのBanPickの時点でSPクラスかどうかがわかってしまいます。あえて通常クラスを使うことで相手の不意をつくのが難しくなっています。

 

練兵の追加

今回兵士が2種類追加されます。今後、大型アップデート毎に2~3種類の兵士が4回追加されていきます。

今回追加されるのは、マシンナイト、贖罪者の二種。使用可能な英雄は以下の通り

マシンナイト:マシュー、レオン、エマーリンク、ジェリオール&レイラ、レアード、レティシア、ランフォード、ヴェルナー(日本版未実装)

贖罪者:クリス、レオン、アンナ、フレア(SPで開放)、マリエル(日本版未実装)

また、公式のお知らせには今の所見当たりませんが、各兵種の最終訓練が追加されるはずです。最終訓練が追加された後は、練兵画面が横にスライドできるようになります。

 

右にスライドすると、新しく追加された最終訓練が出てきます。

見逃さないように注意です。

各兵士、訓練の特殊能力や必要な素材は、計算表で確認できるのでそちらもご覧いただければと思います。

 

フィギュアコレクションシステム

面白い機能だと思うのですが、さっぱり話題にならなくて悲しいこの機能。
マジカルクレイを使ってフィギュアを作成し、配置してショーケースを作成する機能になります。

こんな感じのものが作成できます。

フィギュアは一度作成してしまえば何回でも使用することができますが、英雄に関しては自分が持っている英雄、スキンしか使えません。

マジカルクレイは魔晶石で購入となりますが、イベントなどである程度配布されるので魔晶石を使わずにある程度遊べます。

これに関する任務も追加されるので、ある程度触っておくといいでしょう。

 

掃討チケットは残しておいたほうが良い

中国版では二周年に関連するイベントとして、プレイベントの秘境デイリー報酬+1回と運命の扉2倍を2週間行いましたが、グローバル版では1週間になっていたなど、各国で実施内容がバラけています。日本版でも実施されるのかどうかはわかりませんが、実施されたときのことを考えて、秘境デイリー増加分用の掃討チケットをある程度残しておきましょう。

 

2周年にはまだ早いので、関連するイベントはまだ先?

二周年に関するイベントは、プレイベント、魔晶石消費に応じたスキン券の配布、選べる英雄福袋、ログインボーナス、レイチェルの哲学スキン等があります。

特にお知らせはないですが、そもそもまだ2周年には早いということもあるので、これらはまだ実施されない可能性があります。

レイチェルの哲学スキンは、日本版ではすでに2周年の要素を取り除いた状態で実装されたので、2周年で改まってなにかするということはないでしょう。

 

クロテール、ローゼンシルの再録ガチャについて

クロテールはウィラーとの保証なし
ローゼンシルはエミリア、リコリスとの保証ありとなります。

ただし、だいたい7ヶ月後の話になるので、そこまで待つかというのはなかなか厳しい判断が必要になりそうです。ローゼンシルは頂上アリーナでは重要度が高いので、頂上アリーナ上位勢は必ず取る必要があるとは思いますが、そうではない場合は無理せずに撤退したいところです。

ふたりとも、今のところはこの二人の仲以外での英雄の鍵にはなっていないので、取ることができなくても影響は限定的です。

 

中国版と比較した今後のガチャスケジュールへの影響

中国では、エルウィンのSPモデル実装と同時に、エルウィンのPUガチャが開催されました。これはおそらく合わせてきたものだと考えられるので、このへんは調整で中国の順番と異なる順番で実施される可能性があります。

コラボが飛んだことでまた他国版と足並みが揃わなくなってきたので、今後の予想がまた難しくなってきました。

 

以上になります。

コラボがなかったのは残念ですが、その分3倍速と旅団合戦の掃討が早く来てくれました。日課の負担が減るので非常に助かります。これから非常に有用な英雄の追加が続くので、なんとか爆死引退しないように頑張っていきたいところです。