無尽海路15層のボス(地獄のケルベロス)攻略のポイント

なんか回を追うごとにボスが厄介になってきている気がしますが、皆様無事にクリアできたでしょうか。私は15段階のボスでかなり苦戦してしまい、やっと先日クリアしました。

無尽海路は、手持ち育成状況がほとんど影響しないので、ランモバを初めてそれほど経っていないユーザーでもチャレンジポイントが狙える数少ないイベントとなっているので、なるべくクリアを目指しておきたいイベントになります。

最後の15段階のボスは正攻法で行くとかなり難しく感じたので、攻略時にわかったことなどをまとめておきたいと思います。

ギミックの概要

まずケルベロスが毎ターンソウルストーンの効果をばらまいてきます。このソウルストーン効果中の敵に対して優先して攻撃します。またソウルストーンの数に応じて、敵全体に与ダメージUPの効果がストックされるので、これを適宜消化していく必要があります。

ソウルストーンは、ケルベロスに押し付けるか、自分で飲み込むことで消化できます。ケルベロスは、ソウルストーンを7個以上保持していると7個消費して全体範囲攻撃を行うので、なるべく飲み込んで消化していきたいところです。飲み込んだ場合は、数に応じて固定ダメージと被治療効果減少効果を受けてしまいますが、後述するギミックで軽減可能です。

被治療効果減少効果は、ヒーラーの与治療効果を上げることである程度対応可能です。

次に、スライムを倒したときに発生する地形効果があります。スライムは3種類あり、それぞれ倒したときに発生する地形効果が異なります。スライムの種類と地形効果は、水、雷、火の三種類あり、基本的に同じ属性を2つ保持すると与ダメージが上がり、被固定ダメージが減ります。異なる属性を持つとデメリット効果があります。

味方は同じ属性をなるべく保持し、敵には異なる属性が付与されるように誘導することになります。

異なる属性を持っているときのデメリット効果を組み合わせ毎に異なります。

水と火は与ダメージが-50%。
この効果中に全体範囲攻撃を使うように誘導し、ソウルストーンを消化することになります。

火と雷は被物理ダメージ+100%。
遠距離物理キャラは少ないので、あまりこの効果を敵に付与するメリットは薄いでしょう。

雷と水は被魔法ダメージ+100%。
強力な魔法アタッカーは豊富にいるので揃えやすいのではないかと思います。なるべくこの効果を敵に付与して攻撃していくことになります。

スライムは奇数ターンに湧きます。おそらくスライムの出現パターンと属性は固定なのでは無いかと思います。

ケルベロスの移動パターン

敵に属性効果を付与するためには、狙った位置に誘導できなければなりません。狙った位置に誘導するためのポイントを説明します。

ケルベロスは単体攻撃(ゴーストハウンド)を行うとき、ソウルストーンを保持する部隊を優先して攻撃します。ソウルストーンを保持する部隊がいるときは、初期配置に応じて優先順位が決まっているみたいです。

初期配置の、左上、右上、中、左下、右下の順に優先されます。ソウルストーンを持っていない部隊が攻撃を受けると、単体攻撃のダメージが+300%となってしまいますが、物理防御が高いキャラならなんとか耐えられれます。遠距離攻撃キャラが単体攻撃に耐えられない部隊が多いと思うので、左上にガードスキルを持った部隊を配置して基本的に攻撃を受け、万が一ソウルストーンを受けられなかったときに味方をガードすることになるかと思います。与ダメージ+300%の攻撃に耐えられる程度の耐久力があると安定します。

ソウルストーンを保持する部隊がいないときは、近くの部隊を狙います。最も近く、より右に、同列のときは下にいる部隊を優先します。

攻撃するときは、狙った部隊を攻撃できる位置の中で、最も近いマスで、最も上、同列のときは最も左のマスから攻撃します。

少し変わったパターンを紹介します。

リアナとイルーシアがソウルストーンを保持していますが、初期配置で左上にイルーシアを置いているのでイルーシアが攻撃対象になります。
問題はどこから攻撃するかですが、最も優先度が高いのは距離が近いイルーシアの上ですが、ここはリアナで塞いでいるのでここに移動することはできません。距離は残った3マスとも同じなので、この中で最も上、同列なら左が優先となるので、ケルベロスはイルーシアの左から攻撃します。

次はこの上下逆のパターンです。

上からイルーシア、リアナ、ケルベロスと並んでいて、イルーシアが攻撃対象になります。

移動先は距離が同じなら最も上が優先されるので、この場合はケルベロスはイルーシアの上に移動して攻撃してきます。移動先のマスは、移動距離ではなく移動前のマスと移動先のマスの間の直接の距離になる点には注意です。

なお、十分に検証できておらず、たまに想定外の動きをすることがあったりするのでご了承ください。

スライムを倒すときの位置

スライムは死亡時に、周囲1マス圏内に範囲攻撃を行い地形効果を付与します。スライムの周囲1マス圏内から攻撃することで、地形効果が付与されたタイミングと、その後の行動終了時に1つずつ属性効果を得ることができ、次のターンの与ダメージを上げることができます。

友軍のソウルストーン保持数が多いと反撃で死んでしまう可能性があるので、先制攻撃ができるスキルや能力が有効です。友軍にソウルストーン保持数が多くなりがちな後半は、スライムの射程外から攻撃することも考えておきましょう。

スライムの攻撃もかなり痛いので、なるべく出現したターンに倒しておきたいところです。

有効なスキル

ラストジャッジメントでケルベロスの射程を0にすることができます。単体攻撃だけでなく、範囲攻撃もターゲット指定型のようで、射程が0になるとなにもせずに行動終了します。時計などと併用すると運が良ければなにもさせずにクリアすることができるかと思います。

次にミューの覚醒スキル(森羅崩歌)になります。スキルでスライムを倒して召喚できる古のエントにケルベロスの単体攻撃を受けさせることで、友軍の被害をほぼ0にすることができます。古のエントは不屈も持っているので、一回召喚すると2回攻撃をやり過ごすことができるので、シュゼットのクイックチャージと併用するとほぼすべての攻撃をやり過ごせます。古のエントについたソウルストーンも飲み込んでしまえば、ケルベロスに範囲攻撃を使わせずに済むので、もっとも安定した戦略になるかと思います。

また、スキルや攻撃の対象にならなくなる能力も有効です。攻撃の対象となった部隊がこの効果を持っていると、敵はなにもせずに行動終了します。毎ターンこの効果を発動するのは難しいので、緊急回避の手段としては有効かと思います。

アタッカーには位置取りがしやすい長射程の攻撃が使いやすいです。敵を倒した時や戦った後に再行動できるスキルで手数を増やすのが有効です。特にパッシブスキルの血の狂乱は比較的入手しやすいような気がするので、入手できるチャンスがあったらなるべく入手しておきたいところです。

まとめ

今回の無尽海路は少し難易度が高いように思えますが、チャレンジポイント250Pは大きいのでなるべくクリアしておきたいところです。