メインキャラ一覧

提供: れじぇくろ! ~レジェンド・クローバー~攻略wiki | 戦略統帥のゲーム攻略wiki
ナビゲーションに移動検索に移動

SSR[編集 | ソースを編集]

アーサー

ソルジャーアタッカー。タレントで常に周囲に敵にアタック、ディフェンスのデバフを付与する。

ゼニスのシンボルスキルを保持。


ジークフリート

ソルジャーアタッカー。戦闘後に回復するため継戦能力が高く、ボス戦で有用。敵のバフ解除スキルを2つ持つ。

ナディアのシンボルスキルを保持。


クーフーリン

ランサータンク。物理攻撃をガードできる。

移動力とアタック、マジックを上げるスキルを持つ。


ネロ

ライダーアタッカー。5マス移動して攻撃した後5マス戻ることができる。再行動スキルを使用することにより、合計10マス移動して攻撃することが可能。射程外から攻撃して、射程外に逃げることができ、ネロがいるといないとではゲーム性が大きく変わる。

ゼニスのシンボルスキルを保持。


クレオパトラ

ライダーアタッカー。攻撃前に多く移動する分だけダメージ耐性がつくため、反撃が激しいボスなどに有効。ただスキルがちょっと物足りない。


ヤマトタケル

セイントタンク。反撃の2回攻撃が協力。また、数少ない魔法をガードできるタンクでもある。

オリジンのシンボルスキルを保持。


マリー・アントワネット

ヒーラー。タレントで戦闘後に回復できるバフを付与でき、タンクの耐性を上げることができるが、限界突破しないと確率が低いので序盤はあまり役に立たニア。また、味方に攻撃時与ダメージアップ、被ダメージダウンの効果を与えることができるので、アタッカーに対する補助も可能。


ソロモン

ソーサラーアタッカー。スキル射程が伸びるタレントを持っているが、メインキャラのみのため単体攻撃はダメージが落ちる点に注意。範囲攻撃も削り樹団として優秀。


ナポレオン

シューターアタッカー。レジストをアタックに変換するスキルを持っているが、本作の仕様上攻撃力に難がある可能性がある。周囲の味方の魔法ダメージ耐性を上げる効果が場合によっては非常に強力。


ナイチンゲール

セイントヒーラー。味方を再行動できるスキルが強力で様々な用途に使える。ネロなどの強力なアタッカーを一緒に使いたいところ。


呂布

エアリアルアタッカー。敵を倒すともう一度行動できる。


SR[編集 | ソースを編集]

沖田総司

ソルジャーアタッカー。防御力を犠牲にして攻撃力を上げるタイプ。敵を倒した時再移動できるので、敵を倒し続けられれば強い。


ティムール

ソルジャーアタッカー。戦闘後50%の確率で回復できる。マリーと相性が良い。


弁慶

ランサータンク。ガード時、HPが0になっても何度か復活できる。


エリザベート・バートリ

ランサータンク。戦闘前に敵に固定ダメージを与える。

ゼニスのシンボルスキルを保持。


アスクレピオス

セイントヒーラー。味方にスキルを使うと被治療効果とディフェンスを上げられるので、戦闘後回復するリジェネレーションを使うとタンクの耐久力を上げられる。また、スキルのクールタイムを短縮できるスキルも強力。


リチャード1世

セイントのアタッカー兼サブヒーラー。攻撃をしつつ回復できる。範囲攻撃で反撃を受けずに敵のデバフを解除でき、味方のデバフも解除できるので活用範囲が広い。


菅原道真

ソーサラーアタッカー。HP回復不可、魔法ダメージ耐性ダウン、アクティブスキル使用不可のデバフを付与する範囲スキルを使えるので、使い分けることを戦いを有利に進められる。

ナディアのシンボルスキル持ち。


ツタンカーメン

ソーサラーアタッカー。タレントで行動終了時に固定ダメージを受けるデバフを付与できる。与ダメージダウンのデバフを付与する範囲スキルを持っているので、タンク戦では重宝する。召喚スキルで囮を作ることも可能。


トリスタン

シューターのアタッカー兼バッファー。タレントで範囲スキルの与ダメージUPのバフを付与でき、範囲内の味方のアタックとマジックを上げるスキルも使えるので、範囲攻撃で攻めるなら入れておきたい。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

エアリアルアタッカー兼バッファー。エアリアルとライダーとの戦闘に強い。ランサーのサポートと組ませるとライダーに対してかなり強くなる。

オリジンのシンボルスキルを保持。


ガラハッド

ライダーアタッカー。タレントでアタックが上がり、味方ターンで被ダメージ耐性が上がるのでボス戦向き。


R[編集 | ソースを編集]

主人公

ソルジャーアタッカー。至って平凡ではあるが、サポートキャラ次第では十分戦力になる。

ナディアのシンボルスキルを保持


ジャンヌ・ダルク

ランサータンク。最初からガードスキルを持っているので、リセマラで他のタンクを入手できなかった場合は使わざるを得なくなるが、タンクの性能はサポートキャラによるところが大きいので、サポートキャラ次第では十分戦力になる。


藤堂高虎

ランサータンク。タレントで被ダメージが最大-40%と可能性を秘めているが、限界突破していない状態ではちょっと厳しい。


ロバート・E・リー

ソルジャーアタッカー。戦闘後回復でき、敵のデバフも解除できる。ジークフリートの代用にもなる。一応タンクもできる。


甘寧

ライダーアタッカー。水中で行動終了時HPを40%回復する。また、敵を引っ張ることができるのでピンポイントで活躍する機会もありそう。


アナスタシア

セイントのヒーラー兼バッファー。回復、デバフ解除、単体攻撃補助、範囲のディフェンス、レジストUPとデバフ耐性付与と、回復と補助ならなんでもできる。


ジル・ド・レ

ソーサラーのアタッカー兼サブヒーラー。エアリアルに対して有効なスキルが2つあるのエアリアルが多いステージで有用。ヒールカーテンも使える。テレポーテーションが一部ステージで有用になる。


プラトン

ソーサラーのアタッカー兼バッファー。タレントで味方に与ダメージUPの効果を付与でき、範囲の攻撃力強化を早い段階で覚えるのも地味に便利で能力に無駄がない。


新島八重

シューターのアタッカー。周囲の攻撃力を上げられる攻撃の加護は便利だが、本人のアタックが少し低いのが難点。


フランシス・ドレーク

エアリアルのアタッカー。敵ターンで物理ダメージ耐性が上がり、パッシブスキルで更に上げられる。ガードスキルがないので、一回攻撃を受ける役などには使える。

オリジンのシンボルスキルを保持。


シャルロット・コルデー

アサシンアタッカー。敵の強化効果を解除したり奪ったりできる。クリティカル率が高いの意外と火力はあるかもしれない。


ラスプーチン

アサシンアタッカー。タレントで一度だけ復活できる。意外と便利かもしれない。